I’m 感情形容詞 の後はaboutかwithか!?

例えば「〜を怒っている。」と言う場合、I am angry with 〜. か I am angry about 〜.どちらが正しいのでしょう。

about とwithどちらを使うかは動詞または文脈によって決まります。

人のことを話す場合はwithを使うことが多い!

以下のような動詞の場合はwithを使います。

I am annoyed with my brother.
兄弟にイラっとする。

I am frustrated with my brother.
兄弟にイライラする。

I am upset with my brother.
兄弟に腹が立っている。

I am angry with my brother.
兄弟に怒っている。

Annoyed とfrustratedの違い

annoyed は一時的にイラっとする。
Frustratedはイライラさせられる問題が、長期間にわたっている場合や、解決が困難な場合に使います。
annoyed (イラっとすること)がいくつもあったり、長期にわたるとFrustratedになると言えます。

Upset とangryの違い

angryは怒りだけを意味します。
upsetは状況によって訳し方が変わります。基本的には感情的になることを意味します。「怒る」「腹が立つ」「気が動転する」と訳すこともできるし、ショッキングな出来事によって感情的になって泣いている場合にも使われます。

AngryやUpsetの場合はwithもaboutどちらも使うが意味が異なる!

人のことについて話す場合はwith。状況について話す場合はaboutになります。

例文:
I am angry with my brother. He always lies to me. I can’t trust him anymore.
兄弟に怒っている。彼は僕に嘘をつく。彼をこれ以上信用できない。

I am angry about my brother (brother’s situation). He is only 18, very healthy and a kind person, but he has cancer and only six months to live. It’s not fair.
兄弟のこと(状況)に怒りを覚える。彼ままだ18歳で、とても健康的で優しい人柄だ。でも彼は癌で余命半年しかない。こんなの不公平だ。

この場合は人のことではなく、人の状況について怒っているので、aboutになる。

例外:Worriedの場合は必ずAboutを使う!

何々を心配する。
I’m worried about ~.
の場合は必ずaboutが使われます。
I am worried with ~.とは絶対に言いません。
worriedとaboutはセットだと覚えておきましょう。

例文
I am worried about my brother. I think he is depressed.
兄弟のことが心配だ。彼は落ち込んでいると思う。
I am worried about my test tomorrow. I think I will fail.
明日のテストのことが心配だ。失敗するんじゃないかと思う。

NiceとGoodの意味の違いと例文

NiceとGoodは同じ意味で使われることもあれば、異なる意味で使われることがあります。

同じ意味

Good と niceは同じ意味としてよく使われています。

例えば
「良いショット」
“good shot” または “nice shot”
「彼は良い子だ。」
“he is a good boy” や “he is a nice boy”.

異なる意味
しかし、どちらかしか使えない場合もあります。

例えば
あなたを信用するべき理由を教えてください。
“Give me a good reason why I should trust you”. – 正しい
“Give me a nice reason why I should trust you”. – 正しくない
彼は数学が得意だ
“He is good at maths” – 正しい
“He is nice at maths” – 正しくない

NiceとGoodの違い

Good
Goodは「有能」や「有益」「上質」や「高水準」または悪いとは反対の意味が含まれています。
例えば
good teacher(良い先生)のGoodは有能なという意味
good man(良い人)のGoodは正しくて信用できるという意味

Nice
Niceは「正確」や「楽しい」「優しさ」「満足」そして「心地よい」などの意味が含まれています。

例えば
nice teacherは機嫌よく生徒を良い気持ちにさせてくれる先生というような意味になります。

グッドガールとナイスガールの話
多くの定義はありますが、ここで一つ面白い例を出します。
デートをし始める娘に父親が言うかもしれないフレーズです。

A good girl goes out on a date, has fun, comes home and goes to bed.
A nice girl goes out on a date, goes to bed, has fun, and then comes home. Please be a good girl!

グッドガールはデートに出かけ、楽しんで、帰宅し、そしてベッドに入る。
ナイスなガールはデートに出かけ、ベッドに入り、楽しみ、それから帰宅する。お願いだから良い子(Good girl)でいておくれ。

So と Veryの違い

SoとVeryの違いは何か。いい質問ですね。ほとんど同じ意味として使うことが出来ますが、全く異なる使い方もあります。

veryso

基本的な意味

SoもVeryもどちらも副詞です。副詞とは形容詞または副詞を強調するものです。
多くの状況で、SoとVeryは「とても」という意味で同じように使うことが出来ます。

例えば

お腹がとても空いた。 I’m so hungry. I’m very hungry.
彼はとても上手にプレーした。 He played so well. He played very well.

新たな情報提供としてのSoとVery

それはとても高価だ。 It’s so expensive. It’s very expensive.
とても悲しい。 I’m so sad. I’m very sad.

SoもVeryも新たな情報を伝える場合に使うことがありますが、どちらかといえばVeryの方が新たな情報を伝える場合で、Soは既に知られている情報を強調する場合に使います。

その場合、「こんなにも」「あんなにも」「これほど」「あれほど」という訳し方をすることもあります。

Learning chess is very easy. I didn’t think it would be so easy.
チェスを学ぶのはとても簡単だ。あんなに簡単だとは思わなかった。

We had a very good holiday. We did so many wonderful things.
とても良い休暇を過ごした。とても素敵なことをたくさんした。

名詞の前にSoは使わない。VeryかSuchを使う。

「彼女はとてもおしゃべりだ。」
She’s very talkative. 正解
Se’s so talkative. 正解
これはどちらも正解ですが、

「彼女はとてもおしゃべりな人だ。」と言う場合は、
She’s a very talkative person. 正解
She’s such a talkative person. 正解
She’s so a talkative person. 不正解

強調句「〜So〜That〜」とても〜なので〜

It was so windy that I couldn’t use my umbrella.
とても風が強かったので、傘を使えなかった。
The English lesson was so boring that I fell asleep.
英語の授業がとてもつまらなかったので寝てしまった。
The food was so good that I ate too much.
とても美味しかったので食べ過ぎた。

短く同意を伝える So(そう)

Will he come to the party? I hope so.
彼はパーティーに来るの?そうだといいけど。(I hope very.とは言わない。)
Is the supermarket open on Sundays? I believe so.
日曜にスーパー開いてる?そうだと思う。(I believe very.とは言わない。)
Did we lose the match? I’m afraid so.
試合に負けた?残念ながらそうなんだ。(I’m afraid very.とは言わない)

Thank you so much と Thank you very muchの違い

Thank you so much.の方が心がこもっているように思われます。フォーマルさは少なくなり、そのぶん本当に感謝の気持ちが入っていると思われます。

‘Thank you very much’ は丁寧さを表したり、Thank you. より少し長くするために使われます。時々皮肉にも使われます。もちろん、言う通りそのままの意味ですが、単純にThank youと言うよりもわずかに強い意味になります。

 

 

Mad と angryの意味の違いと英語例文

Mad と angryはほとんど同じ意味として使われていますが、違いがあります。
まずそれぞれの定義を見ていきましょう。

angry mad

Angryは不愉快や憤りの感情を出すことです。

Madは多くのことに使われます。
まず、正気でないまたは気が狂った人のことを表します。
もう一つに、Angryと同じ意味として口語で用いられます。

Madの主な3つの使い方

1.「気が狂った」などの形容詞の意味を名詞として使う

They say he is mad.
彼は気狂いだと彼らは言っている。

The man whom the villagers believed to be mad walked the streets alone.
村人は気狂いが道を一人で歩いていると信じていた。

何か馬鹿げていることや実際的でないことにも使われます。

Are you mad?
お前バカか。お前気でも狂ったか。

He must be mad to propose such a thing to the committee.
委員会にそんなことを提案するなんて彼はバカか。

Although I thought it was a mad idea, no one paid any attention to what I said.
それは馬鹿げた考えだと思ったけれど、私の言ったことに誰も一切注意を払わなかった。

2.怒りの意味として使う

She was mad at me for forgetting her birthday.
彼女は誕生日を忘れた僕を怒っていた。

He was mad at her for lying.
彼は彼女が嘘をついていることに怒っていた。

3.いい意味でも悪い意味でも熱狂するキチガイ

これらの意味の他にも、例えば趣味などに熱狂する風変わりな性格に対しても「気狂い」という意味で使われます。

He’s mad about football.
彼はサッカー気狂いだ

 

AmazingとWonderfulの意味の違いと例文

この違いを日本語で一言で表すのはとても困難です。なぜなら完全に当てはま日本語がないからです。

この違いを理解するには、それぞれの微妙な意味の違いを知り、例文を読んで感じてもらう必要があります。

amazing

Amazing:

意味:

肯定的な驚き。驚きや当惑で気持ちを満たされる。
驚きそしてとても良いということを表現する形容詞。
The amazing beauty of the Rocky Mountains  驚くほど美しいロッキー山脈
The amazing feats of a truly great athlete. 真の偉大なアスリートの驚くほどの偉業

Amazingの基本の言葉はAmazeで、その意味は「びっくりさせる」。
Amazingは本来の意味を差し控えて、ただ単に「凄く良い」という意味でよく使われますが、「びっくりすること」という意味が背景にあると思った上で、「すごく良い」という意味として使うと良いでしょう。

incredible(信じられない) awesome(荘厳で畏怖の念に満ちているほど素晴らしい) fabulous(物語に出てきそうなくらい途方もなく凄い)も同じように、本来の意味を差し控えて、ただ単に「凄く良い」という意味で使われます。

例文

The magician did an amazing trick and surprised the audience.
そのマジシャンは凄いトリックをして観客を驚かせた。

Do you remember David Beckham kicking that amazing goal in the 2002 World Cup?
デビッドベッカムが2002年のワールドカップで凄いゴールを決めたのを覚えてる?

Arnold Schwarzenegger has had an amazing life – being the world’s greatest bodybuilder, a movie star and a successful politician.

アーノルドシュワルツネッガーは凄い人生を送ってきた。世界で最も偉大なボディビルダー、映画スターそして政治家としても成功している。

wonderful

Wonderful:

不思議さと喜びで満たす。

Wonderful(凄い・素晴らしい)という時には、畏敬、感嘆、感心、称賛、敬愛、驚きなどの意味が含まれています。

その他に、個人的なことにも使います。
例えば
Wonderful memories of spending time with your grandparents.
「祖母祖父と過ごした素晴らしい記憶」など。

例文

Nothing is more wonderful than seeing your children laughing with joy.
子供が楽しそうに笑っているのを見ることほど素晴らしいものはない。

Thank you for having stay with you. I had a wonderful time meeting your family. Your parents are so kind.
泊めてもらってありがとう。君の家族と素晴らしい時間を過ごせました。君の両親はとても優しい。

Tokyo is an amazing city with it’s large buildings and neon lights, while Kyoto is a wonderful city to discover Japan’s traditional culture.
東京は大きなビルやネオンライトがあったりとても素晴らしい都市だが、京都は日本の伝統文化を発見するのにとても素晴らしい都市だ。

Amazing もWonderfulも何かについて肯定的に素晴らしさを表現する英語です。それらは語源が違いますが、どちらも異なる見方から「良い」という意味を表しています。

本来の意味を頭の中に入れた上で使うと良いでしょう。そうすれば適切な状況で使うことが出来るからです。