スイスイ英会話上達プロジェクト コラム-英語勉強法グローバル

現在進行形の2つの意味と使い方

学校では教えてくれないもう一つの使い方

現在進行形の2つの意味

■一般的な現在進行形の使い方

現在進行形とは、今現在に進行中のことを表します。
別の言い方をすると、している最中のことを表します。
さらに、いつまでかは分からないけれど、しばらく続けることを匂わせています。

●現在進行形の作り方
主語 + be動詞 + 動詞のing形

例文を見ればわかりやすい

I'm studing. 勉強してます。(勉強中)
I'm working. 仕事してます。(仕事中)
I'm having lunch. 昼食をとっています。(昼食中)
He's reading a book. 彼は本を読んでいる。(彼は読書中)
She's playing tennis. 彼女はテニスをしている。(彼女はテニスをしている最中)
※I'm はI amの略 He'sはHe isの略 She's はShe isの略

■現在進行形で未来を表すもう一つの使い方

現在進行形の文章であっても、未来のことを表す場合があります。

例文を見れば解りやすい

I'm coming tomorrow. 明日来ます。
I'm leaving soon. もうすぐ出ます。(すぐ出発します)
I'm going there tomorrow. 明日そこに行きます。
I’m seeing him next week. 来週彼に会います。

他にも未来を表す表現としてwillやbe going toなどがありますが、どのように違うのでしょう。

現在進行形で未来のこと表すのは、

可能性がかなり高い予定

別の言い方をすると、

まず間違いなく行う予定

もう少し別の言い方をすると

よほどの事が無い限り変えない予定

be going to や willの2つの未来形と比べて、こちらのほうが実現可能性の高い未来を表します。

未来形の表現の違いについて詳しくは「未来形will, going toと現在進行形の違いと使い方」をご覧ください。

■日本人がよく間違える説明

現在進行形で未来を表すのは「近い未来の予定」の場合だと説明している人もいますが、それは間違いです。

近い未来は可能性が高いことが多いだけです。近い未来だからといっていつも現在進行形を使うわけではありません。willとbe going toの違いも理解して使い分けられるようになりましょう。

■一瞬で使い分ける方法

このように、現在進行形には2つの意味・使い方があることがわかりましたか。 ネイティブはこの2つ目の「未来を表す現在進行形」をとてもよく使います。是非使ってみてください。

会話で使うなら、3つの未来の表現から適切なものを一瞬で選択し、一瞬で文章を作成しなければなりません。日本人が一番苦手としていることです。

サンドイッチ英会話CDを使えば、時制の理解そして使い分けが簡単に出来るようになり、さらに一瞬で英語を組み立てて話せるようになります。英語を本気で話したい人に本気でお勧めしています。 サンドイッチ英会話CD教材

googleplus
はてなブックマーク
LINE

ニック 著者 プロフィール
■Nicholas Kemp
 ニコラス・ケンプ

 (Nick ニック)

オーストラリア出身、日本滞在歴10年。日本で長年英語教育に取り組んできた。名古屋造形芸術大学元常勤講師。多治見市陶磁器意匠研究所元講師。Reverie英会話スクールでは講師及び経営に携わり、その独特の手法はNHK全国放送や名古屋CBCテレビなどに採り上げられる。

英会話教材CD&MP3と正しい勉強法〜英語上達に金を使うバカ
Invision