スイスイ英会話上達プロジェクト コラム-英語勉強法グローバル

記憶の仕組みから見える効果的英語勉強法

記憶と忘却の繰り返しで忘れない記憶に

記憶と忘却 英語に限らずどんなことでも、覚えた事を一度すっかり忘れて、もう一度覚えて、さらに忘れてもう一度覚えると、なかなか忘れないようになります。

人は一度で覚えられなかったり、覚えたつもりが忘れていると「自分は記憶力が悪いのか?」と思うなど、自信をなくしたり落ち込む傾向にありますが、忘れたことを気にする必要はありません。

人間の脳は悲しい出来事も含めて何でも全て忘れなかったら頭がおかしくなるので、忘れるように出来ているのです。

「覚える忘れる」を繰り返すほど記憶が強化されます。

記憶 繰り返すことで例え覚えようとしなくとも記憶してしまう。それは勉強のコツの一つです。覚えたい事はとにかく繰り返し口に出すか、繰り返し書くか、または繰り返し聞いて、それから忘れてまた繰り返せば良いのです。

しかし、文法の違いが大きい外国語の場合は繰り返し聞くだけでは上達しません。英語のルールが身に付いていない人には上達しない勉強法です。これについては、「間違いだらけの英語勉強法〜聞き流すだけ」に詳しく書きました。

「英語を話せるようになる唯一の方法」に書いた通り、英語習得には、瞬間文章組み立て能力を身につけるしかありません。

「暗記もの」と「組み立てもの」を区別する

繰り返し聞いてフレーズを暗記するのは、「フレーズ丸暗記で流暢になる?」に書いたとおり、無駄な事です。

英語を習得する上で暗記しなければならないものは、「単語」と「述語」そして一瞬で文章を作成するために使う「基本ルール」です。

フレーズは暗記するものではなく、基本ルールを使って組み立てるものなのです。ただし、組み立てるのが困難な慣用句などのフレーズは暗記しなければなりません。

組み立て脳 このように、英語を習得するには「暗記するもの」と「組み立てるもの」を区別して勉強するのが近道です。

サンドイッチ英会話はこの瞬間文章作成に必要な基本ルールや単語などを簡単に覚えられるように、この記憶の仕組みを利用して作られています。

効果的な勉強方法で無駄なく短期間で英語を話せるようになって欲しいと思います。

ミッションイングリッシュ
googleplus
はてなブックマーク
LINE

ニック 著者 プロフィール
■Nicholas Kemp
 ニコラス・ケンプ

 (Nick ニック)

オーストラリア出身、日本滞在歴10年。日本で長年英語教育に取り組んできた。名古屋造形芸術大学元常勤講師。多治見市陶磁器意匠研究所元講師。Reverie英会話スクールでは講師及び経営に携わり、その独特の手法はNHK全国放送や名古屋CBCテレビなどに採り上げられる。

英会話教材CD&MP3と正しい勉強法〜英語上達に金を使うバカ
Invision