スイスイ英会話上達プロジェクト-英語勉強法グローバル

頑張らない英語勉強法

少しの時間と労力とお金を費やして、頑張らなくて良い英語勉強法

頑張らない勉強法

マーケティングリサーチ会社(株)マーシュの20〜50代の日本人男女1000人を対象に行なったアンケート調査によると、60%以上が英語学習に関心があるそうです。

そのうち現在英語の勉強をしているのは約27%なので、

73%の人が英語学習に関心があるけれど、勉強していないということになります。

(統計学上は1000人以上のサンプル調査は信頼できるらしいです。)

英語を話せるようになりたいのに勉強しない理由は?

勉強が続かない

勉強しない理由は人それぞれだとは思いますが、例えば、

  1. 忙しくて時間がない。
  2. 忙しくて疲れてやる気が起きない。労力を費やせない。
  3. あまりお金を費やせない。

これらの理由で英語の勉強をしていない人はとても多いと思います。

以前は英語の勉強をしていたけれど、続かなかった人も多いでしょう。

英語の勉強が続かない原因

勉強しない人

私が長年英語教育に携わり、多くの英語学習者と関わってきて多くのことがわかりました。 その一つに、英会話スクールや英語教材を初めても続かない人の共通点があります。

英語学習が続かない人の共通点は、英語学習に対して間違ったイメージや考えを持っていることです。

別の言い方をすると、英語学習に対して勘違いをしています。 どんな勘違いか以下にお伝えします。

英語学習に対する勘違い

私の英会話スクールの体験レッスンを受講した人の多くが、こんな質問をします。

「何年で話せるようになりますか」

私は正直にこう答えます。

「個人差はありますが、スクールに週2回通う場合は、日常会話が出来るレベルになるのに3年から6年くらいです。」

するとその人たちは「そんなにかかるんですね。」と言ってため息をつきます。

そのため息は、三つの勘違いを意味していると私は思います。 この勘違いは、英会話スクールや英語教材を初めても続かない人の共通点です。

  1. 英語の勉強は「頑張らないといけない」と勘違いしている。
  2. 数年で「英語が話せる人」になれると勘違いしている。
  3. 「英語を話せる人」という一定レベルに達すれば勉強しなくてよくなると勘違いしている。

「英語を話せる人」と「話せない人」のはっきりとした境界線はありません。

一度話せるようになったら後は勉強しなくて良いというものではありません。

英語上級者ほど辞めることなく英語の勉強を続けています。

ネイティブスピーカーでも知らない言葉や表現がたくさんあります。 日本人も知らない日本語がたくさんあるはずです。例えば「鉄面皮」の意味を知っていますか。

英語を勉強し始めたら一生続ける覚悟が必要です。

英語の勉強は頑張ってする必要はありません。頑張らずに続けることが大事です。

では、何を続ければ良いのでしょう。

頑張らずに続ける勉強法

頑張らず続ける

どんな勉強をすれば上達するのか、まずそれを知ることが必要です。

英語学習に関するたくさんの情報や広告がありすぎて、本当に効果のある英語勉強法を知らない人がほとんどです。

効果の低い勉強法や教材を試したせいで続けられず、「英語の勉強は頑張らないといけない」と勘違いする人が増えていきます。

少しの時間と労力とお金を費やして、頑張らなくて良い英語勉強法があります。その方法を知れば、英語学習を継続し、話せるようになります。

まずは間違いだらけの英語勉強法と正しい勉強法〜英語教材の選び方を読んでみてください。

正しい勉強法を行うと、1〜2年で日常会話が出来るレベルになれます。

時間のない人に1日10分で任務完了するミッションイングリッシュもおすすめです。

ミッションイングリッシュ
googleplus
はてなブックマーク
LINE

著者


ニック ■Nicholas William Kemp
 ニコラス・ウィリアム・ケンプ

 (Nick ニック)

オーストラリア出身、日本滞在歴10年。日本で長年英語教育に取り組んできた。名古屋造形芸術大学元常勤講師。多治見市陶磁器意匠研究所元講師。Reverie英会話スクールでは講師及び経営に携わり、その独特の手法はNHK全国放送や名古屋CBCテレビなどに採り上げられる。


masa ■Masa Matsu

英会話スクール経営
英語教材開発販売
デザイナー

英会話教材CD&MP3と正しい勉強法〜英語上達に金を使うバカ
Invision