スイスイ英会話上達プロジェクト コラム-英語勉強法グローバル

留学前に知っておくべき11のこと 7~8

知っておけば、ストレスなく留学できて、より英語が上達する情報

7 スリという職業があると思っておいたほうがいい

電車の駅のホーム

多くの国でスリを生業としている人がいます。本人が気づかぬうちにカバンやポケットから財布を盗むプロフェッショナルな技術を持っています。

誰がスリかは見た目でわかりません。意外にもおしゃれな若いカップルだったり、ゴージャスなマダムだったりしますす。

スリの被害に遭うのはスラれる人が悪いと思って、対策をしておいた方が良いでしょう。

スリ対策は簡単

すぐに取り出せる場所に財布を入れない。お尻のポケットに財布を入れない。人混みではバッグの口を閉めて体の前で持つ。リュックに財布を入れて背負わない。

万が一すられても大きな被害にならないように財布は2つに分けて、持ち歩く財布には最小限の現金とクレジットカード1枚だけ入れておきましょう。

スリは窃盗であり立派な犯罪ですが、だからと言ってスリをする人が皆それ以上の犯罪を平気で犯すような悪人ではありません。必要以上に恐れる必要はありません。

ただ、そのスリの犯人を捕まえようとしたり、こちらから危害を加えるようなことをはしないようが良いでしょう。誰だって人間は追い詰められると何をするかわかりません。

貧困者への理解と思いやり

欧米諸国は移民を多く受け入れていることもあり貧困者が多いので、軽犯罪も多くなります。そのような社会的背景を理解して受け止めるのも大事なことだと思います。

もしもスリや窃盗の被害に遭ったら、お金に困っている人に分け与えてあげたと思って、その後の旅行や留学を楽しみましょう。

8 ホームステイのススメと注意点

ホームステイ

ホームステイのススメ

ホームステイは外国の家庭の内側からその国の文化や慣習を知る絶好の機会です。それはとても貴重な体験です。外から見ているだけでは知る事のできない、その国の深い部分を知ることが出来ます。

言語はその国の文化慣習と深い関わりがあるので、英語圏の文化慣習を学ぶことは英語力の向上にも繋がります。

また、一人暮らしより英語を話す機会が多いので、英語力の向上に良い環境です。

ホストファミリーとの日常生活における会話で、学校で習わなかったネイティブの表現を習得することが出来るのも大きなメリットの一つです。

ホームステイの注意点

留学生からホストファミリーに対する不満を聞くことがよくあります。ホストファミリーとの関係を良好に築いていけないと、毎日一緒に生活するのが辛くなってしまいます。

でも、それはホストファミリーだけに問題があるとは限りません。留学生がその国の文化慣習や生活スタイルをどれだけ理解し受け止められているかに原因があることも多いようです。

また、他人と生活する以上、相手を肯定的に受け止める器量も必要です。

わかりやすい例として、私の二人の友人のこんなホームステイ体験談があります。

ホームステイ

「ホームステイ先は素晴らしかった。

ホストファザーは料理がとても上手で、毎日美味しい夕食を作ってくれたし、食後の手作りデザートまであって、いつもそれを楽しみにしていた。

ホストマザーは自宅でピアノ教室を開いていて、毎日ピアノの音色が聞こえる素敵な家だった。

二人の小さい子供達はとても可愛くて、よく一緒に遊んであげた。子供達から英語を教わることもよくあった。

本当にあたたかく素敵な家庭に入らせてもらえてよかった。」

その後、同じホストファミリーの元へ、別の留学生が滞在しました。彼女はこんなことを言っていました。

「ホームステイ先は最悪。

ホストファザーは料理にこだわる神経質な人。

毎日大きなケーキを食べさせられた。

ピアノの音がうるさいし、子供達も騒がしくて落ち着かない。」

二人は同じ家庭へホームステイしたのに、感想が全く異なるものになったというのが、とても面白いと思いました。

ちなみに、二人目の留学生はその後、別のホームステイ先へ変わり、またその後シェアハウスにしましたが、どこに行っても不平不満を漏らし、結局一人暮らしをしました。

もちろん他人と暮らすには、相性の問題もありますが、自分と他人との違いを認め受け入れる器量を持つことも必要です。

しかも全く異なる環境で生活してきた者同士が一緒に生活するとなると、理解し合い受け止め合うことはたくさんあります。それを大変だと思わずに、違いを楽しめば、人間性も高まるとても貴重な経験になるでしょう。

『9』海外で語学以上に学ぶことがある  次へ>> 

ミッションイングリッシュ
googleplus
はてなブックマーク
LINE

著者


ニック ■Nicholas William Kemp
 ニコラス・ウィリアム・ケンプ

 (Nick ニック)

オーストラリア出身、日本滞在歴10年。日本で長年英語教育に取り組んできた。名古屋造形芸術大学元常勤講師。多治見市陶磁器意匠研究所元講師。Reverie英会話スクールでは講師及び経営に携わり、その独特の手法はNHK全国放送や名古屋CBCテレビなどに採り上げられる。


masa ■Masa Matsu

英会話スクール経営
英語教材開発販売
デザイナー

英会話教材CD&MP3と正しい勉強法〜英語上達に金を使うバカ
Invision