スイスイ英会話上達プロジェクト コラム-英語勉強法グローバル

英語の訳し方は前からでも後ろからでも途中からでもない

素早く聞き取り、素早く訳す英語勉強法

英語の訳し方

英語は日本語と文法が違うので、英語の学習者に対して「英語は後ろから訳すものだ。」という人がいれば、「いやいや前から読んで意味がわかるように勉強するのだ。」と言う人もいたり。人によって言うことが異なります。

しかし、速く英語を読むためにも、素早く聞きとるためにも、どちらも良い方法ではありません。

後ろから訳すと、確かに上手くいく。でも問題が。

例えばこの文章の場合、

I have been studying English for ten years.

日本語訳は

「私は10年間英語を勉強しています。」

となるので、確かに「私」以外は後ろから訳せばそうなります。文章に書き出す場合は後ろから訳しても良いかもしれません。

しかし、その方法では、最後まで聞かないと訳す作業が始まらないから、時間がかかり過ぎる。

そして頭の中で訳している間に、次の文章を聞き取れなくなる。

それが多くの英語学習者が試験においても会話においても直面している問題です。

前から訳すと?

では、前から訳せば早いでしょうか。

日本人の英語学習者の多くは、前から単語ひとつひとつ追いかけるように読んでいきます。

それでは、聞き取る時も読む時も文章全体の意味を掴み取るのに時間がかかるし、ひとつひとつの単語に集中して全体が見えなくなりがちです。

また、ひとつの単語の意味がわからないだけで、つまずきがちです。まさに木を見て森を見ず状態に陥りがちということです。

最も早く簡単に英語を聞き取る&読み取る方法

一瞬で英語を聞き取る方法

読むにしても聞くにしても、最も早く英語を理解する方法は、構文単位で捉えることです。

この文章の場合、

I have been studying English for ten years.

I have been ~ ing ~を聞き取った瞬間に「現在完了進行形」だと理解します。

「継続してきた勉強、英語、期間は、10年」

と解釈します。

ちなみに、現在完了進行形を勘違いして「現在まで進行して完了した」と理解している日本人が多いです。実際には完了していません。継続していることを表します。詳しくはこちらの簡単英文法で説明しています。

話を「構文単位に聞き取る」に戻します。

よく出来る英語学習者ならこう思うかもしれません。

「構文なら学校で習ったから知っている。」

しかし、構文を知っているだけでは素早く英語を聞き取ることは出来ません。

構文に対する反応の速さが必要です。 その速さは、学校の勉強で身につきません。 トレーニングによって身につけることが出来ます。

一瞬で構文に反応するトレーニング

構文に対する反応を速くするにはサンドイッチ英会話がおすすめ。

構文を使って一瞬で文章を組み立てるトレーニングをします。瞬間スピーキング力と瞬間リスニング力が身につきます。何よりわかりやすく楽しみながら英語を習得できます。

サンドイッチ英会話は、まず以下の記事で効果的な勉強法を理解してから始めることをおすすめします。

「間違いだらけの英語勉強法と正しい勉強法〜英語上達に金を使うバカ」

googleplus
はてなブックマーク
LINE

著者


ニック ■Nicholas William Kemp
 ニコラス・ウィリアム・ケンプ

 (Nick ニック)

オーストラリア出身、日本滞在歴10年。日本で長年英語教育に取り組んできた。名古屋造形芸術大学元常勤講師。多治見市陶磁器意匠研究所元講師。Reverie英会話スクールでは講師及び経営に携わり、その独特の手法はNHK全国放送や名古屋CBCテレビなどに採り上げられる。


masa ■Masa Matsu

英会話スクール経営
英語教材開発販売
デザイナー

英会話教材CD&MP3と正しい勉強法〜英語上達に金を使うバカ
Invision