スイスイ英会話上達プロジェクト コラム-英語勉強法グローバル

間違いだらけの英語勉強法〜TVや映画は良い教材か?

「英語のTV番組や映画を観ていると英語が身につく?」

結論から言うと英語のTV番組や映画を観て英語の勉強になるのは上級レベルの学習者だけです。中級レベルの人でも少しは勉強になるでしょうが、2時間の映画を見て聞き取れた部分を合計すると、せいぜい数分だけというのが関の山でしょう。勉強にならないと言うのは言い過ぎかもしれませんが、とても効率の悪い勉強法です。

映画評論家はほぼ毎日何本も映画を見ているのに英語が話せません。何千時間と映画を観ようが英語を聞き流そうが英語は話せるようにはならない事を、映画評論家の英語力の無さだけでも証明出来るのではないでしょうか。

さらに、日常英会話を学ぶには映画の台詞は全く適していません。

練り過ぎたセリフは日常で使えない

映画やテレビドラマのセリフは脚本家が練りに練って作っているので、言い回しが難しかったり、キザだったり、比喩的だったりと、日常会話に使えないものが多いです。

しかも、私が日本語字幕を読むと、いつも想像を絶する訳し方に感心します。確かに英語をそのまま訳しただけでは伝わらない表現を、見事にそれぞれの場面に適した訳し方をしています。

だから同じセリフでも場面が異なれば別の訳し方がされていることがよくあります。映画の翻訳家は英語も日本語もとても深く知っている方なんだろうといつも思います。

また、このセリフは訳すのにとても悩んで、この表現で妥協するしかなかったんだろうな、と思う箇所もよくあります。

私が言いたい事は、映画のセリフは日常で使えないし、しかも超訳された字幕に頼って英語を聞き取るのは困難だし、意味を勘違いする可能性もあるので、初級中級者の英語学習教材にするのはお勧め出来ないということです。

ホームドラマであれば日常会話がほとんどなので、勉強になると思います。それでも中級者からでしょう。また、ドラマでも超訳はつきものですので、気をつけなければなりません。

単語だけ聞き取れても

海外の映画やテレビを観て英単語が聞き取れるだけでは大して上達しません。英語を聞いて文法的な解釈が出来ることが必須です。

文法的な解釈が出来るようになるには、英文法を理解した上で、素早く反応できるようになるトレーニングを行わなければなりません。

ただし、中学や高校で学習したような英文法を全て勉強し直す必要はありません。会話に必要な最低限の英語のルールを身につければよいのです。

英語のルールが身につく英語勉強法

英語のルールを身につければ頭の中で瞬時に文章を組み立てられます。また、瞬時に聞き取って解釈することも出来ます。英語のルールを身につけるには特別なトレーニングが必要になります。

映画を百回観ても英語は殆ど聞き取れるようにならないでしょう。しかし、映画を百回観るのと同じ時間だけ英語のルールを身につけるトレーニングを行えば、映画のセリフをかなり聞き取れるようにさえなっているでしょう。

サンドイッチ英会話は英語のルールを使って瞬間文章組み立て能力を身につけることが出来るようにデザインされた教材です。スピーキング能力だけでなく、同時にリスニング能力も身につきます。

決して映画を観るほど楽ではありませんが、楽しんで続けられるように作られていますよ。

googleplus
はてなブックマーク
LINE

ニック 著者 プロフィール
■Nicholas Kemp
 ニコラス・ケンプ

 (Nick ニック)

オーストラリア出身、日本滞在歴10年。日本で長年英語教育に取り組んできた。名古屋造形芸術大学元常勤講師。多治見市陶磁器意匠研究所元講師。Reverie英会話スクールでは講師及び経営に携わり、その独特の手法はNHK全国放送や名古屋CBCテレビなどに採り上げられる。

英会話教材CD&MP3と正しい勉強法〜英語上達に金を使うバカ
Invision