スイスイ英会話上達プロジェクト コラム-英語勉強法グローバル

カタカナには気をつけよう!外来語は英語とは限らない。

ジュース・パン・トローチは英語じゃないかも?

カタカナで表記される日本語は、英語と同じ意味として使われていないものが数多くあります。

同じ言葉でも日本語の意味と英語の意味が少しだけ違うこともあれば、全く違うことだってあります。 しかも英和辞典さえ間違っていることもあります。

コーラはジュースじゃない?日本で意味が変化した言葉がある。

コーラ

日本では甘い飲み物のことをひっくるめてジュースと言う傾向があります。 コーラもゲータレードもオレンジジュースも「ジュース」と言ってしまうことがありますね。

飲食店ではそれらが「ソフトドリンク」のメニューに入れられてしまっていることが多いですね。

英語ではカテゴリー分けがはっきりしています。 大まかに以下に分けられます。

●ソフトドリンク
●スポーツドリンク
●ジュース

一つずつ説明します。

▪️コーラはソフトドリンク
▪️ゲータレードはスポーツドリンク
▪️オレンジジュースはジュース

ゲータレードやオレンジジュースはソフトドリンクのカテゴリーに入らないのです。

コーラやゲータレードはジュースとは言いません。ジュースとはフルーツが入った飲み物のことです。

また、来客の際など人にジュースを勧める時に「ジュース飲む?」などジュースだけを言うことはありません。「アップルジュース飲む?」とか「オレンジジュース飲む?」など何のジュースかはっきりさせます。

日本の居酒屋のメニューにはアルコール以外の飲み物が全てソフトドリンクのカテゴリーに入っていますね。もちろん烏龍茶はティー であり、ソフトドリンクではありません。

ちなみにコーラはコウク、ビールはビヤァと言えば通じます。

ただ、「コウクください。」と言って出てくるのはコカコーラとは限りません。ペプシかもしれません。

パンは食べ物じゃない?カタカナは英語とは限らない。

ブレッド

カタカナ言葉には英語以外の言語に由来するものもあります。 例えば、パンはポルトガル語に由来しており、英語ではありません。

英語でパンというとフライパンのことになります。

食べるパンは英語でブレッドですが、種類によってはブレッドとは言いません。 例えばトースト・バケット・ベーグル・クロワッサンなど。

トーストとは焼いた食パン一切れのことです。

最近は日本でもフランスパンのことをバケットと言いますね。 それにクロワッサンやベーグルのことをパンと言わなくなってきましたね。

でもブレッドと言うようになる時代はまだまだ先でしょうね。

トローチは英語じゃない?辞書に載っていても通じない英語もある。

薬

口の中で溶かして喉の痛みや咳を抑える薬「トローチ」。これは英語圏でほぼ通じません。

トローチ(troche)を英和辞典で調べてみると、 《のどの痛みをなめてやわらげる錠剤》 と書いてある。

「辞書に載っているなら間違っていない。」と思うかもしれませんが、ここがカタカナの気をつけるポイント。

実はトローチという言葉は英語圏で一般的ではありません。ほとんどのネイティブスピーカーはトローチという言葉を知りません。

日本でいう「トローチ」(のどの痛みをなめてやわらげる錠剤)は英語で何と言われているかというと、

throat lozenge スロート ローゼンジ (直訳:喉の錠剤)

または

Cough drops コーフドロップス (直訳:咳の飴)

カタカナには気をつけよう

このように外来語からきたカタカナ言葉はそのまま英語として使えると思ってはいけません。

カタカナはまず疑って調べることが大事です。

ネイティブが使う英語を学ぶにはサンドイッチ英会話がオススメです。

1日10分スマホやPCで学習するミッションイングリッシュもオススメです。

ミッションイングリッシュ
googleplus
はてなブックマーク
LINE

ニック ■Nicholas William Kemp
 ニコラス・ウィリアム・ケンプ

 (Nick ニック)

オーストラリア出身、日本滞在歴10年。日本で長年英語教育に取り組んできた。名古屋造形芸術大学元常勤講師。多治見市陶磁器意匠研究所元講師。Reverie英会話スクールでは講師及び経営に携わり、その独特の手法はNHK全国放送や名古屋CBCテレビなどに採り上げられる。

英会話教材CD&MP3と正しい勉強法〜英語上達に金を使うバカ
Invision