スイスイ英会話上達プロジェクト コラム-英語勉強法グローバル

英文法は勉強するべきか

英文法を使って会話は出来るか

これまで多くの日本人に英語を教えてきましたが、「文法を勉強したくない」という人が少なからずいます。
そのように考える人々に話を聞いていくと、大まかに以下の3つの理由から文法を勉強したくないと考えているようです。

1.中学や高校で学んだ文法が難しくて面白くない
2.文法を間違って話しても通じればいい
3.難しい事は抜きにして外国人と会話を楽しみたい

これらの3つの考えは正しいでしょうか。一つ一つ見ていきましょう。

1.中学や高校で学んだ英文法は嫌い?

難しいと感じる理由は、英語の文法よりも、難しい日本語に原因があると思います。

例えば過去完了進行形とか、関係代名詞など、文法の仕組みを理解する前に、聞いたことのない日本語が難しく感じさせていると思います。

英文法を理解するために、これらの日本語を理解する必要はありません。英文法はもっと簡単に理解することが出来ます。その方法は後ほどお伝えします。

2.文法を間違って話しても通じればいい?

これは「目的による」と思っておくことが重要です。 旅行が目的の場合、文法的に間違っていても、相手に伝われば問題ないでしょう。

しかし、文法的に間違って話すと、相手に伝わりにくいだけでなく、誤解されることが多くなります。また、相手に失礼な言い方をしてしまうこともあります。

そのため、ビジネスが目的の場合、文法的なミスは仕事のミスに繋がるので、その考えは捨てなければなりません。

人間関係を築くのが目的の場合は、”相手”と”ミスの程度”によりけりです。多少のミスは誰だって気にしませんが、程度によっては相手に余計なストレスを与えたり、気を遣わせたり、誤解されて摩擦の原因になることもあるでしょう。

もちろん、文法的なミスを恐れて何も言わないより、間違ってもいいという気持ちで相手と解り合えるまで喋ったほうが良いです。

私が言いたいのは、英語を話すのであれば、「話す際に間違いを恐れる必要は無いが、間違いを少なくする日々の努力は必要。」という事です。通じれば何でも良いという考えに私は賛成出来ません。

英語は日本語と違って敬語が無いからどんな言い方をしても失礼にならないと勘違いしている人がいますが、それは大きな間違いです。間違った英語によって相手を不愉快にさせてしまった場面を私はたくさん目にしてきました。

3.難しい事は抜きにして外国人と会話を楽しみたい?

これはとても大切なことです。難しいことは後回しでとにかく楽しむことは、どんな分野でも学習し初めの頃に必要なことです。

しかし、初めのうちは良いですが、文法を学習しない人はいつまでたってもまともな英語が話せません。

かといって中学や高校で学んだ文法を学習すれば良いわけでもありません。文法を使って文章を組み立てては時間がかかりすぎて会話になりません。

文法の問題点

英会話に必要な能力は「リスニング」と「スピーキング」です。しかも、そのどちらも瞬時に行えなければ会話になりません。しかし、文法の違いが大きい日本語を母国語とする日本人が一瞬で英文を作成して話すのはかなり難しいことです。だから、中学で学んだ英文法を使って一瞬で文章を作ることはなおさら難しい事です。

今さら文法を勉強しなくても英語の規則がわかればいい!

頭の中で一瞬で英文を作成して話すことが出来るようになる特別なトレーニングが日本人には必要です。文法を使うのではなく、英語の規則を使った方法です。 サンドイッチ英会話はそのための教材です。よく読んでから使って下さい。

ミッションイングリッシュ
googleplus
はてなブックマーク
LINE

ニック 著者 プロフィール
■Nicholas Kemp
 ニコラス・ケンプ

 (Nick ニック)

オーストラリア出身、日本滞在歴10年。日本で長年英語教育に取り組んできた。名古屋造形芸術大学元常勤講師。多治見市陶磁器意匠研究所元講師。Reverie英会話スクールでは講師及び経営に携わり、その独特の手法はNHK全国放送や名古屋CBCテレビなどに採り上げられる。

英会話教材CD&MP3と正しい勉強法〜英語上達に金を使うバカ
Invision