スイスイ英会話上達プロジェクト コラム-英語勉強法グローバル

英語を学ぶ7つの利点・メリット

英語が話せるようになると人生が変わる

英語を学ぶ利点・メリット1
視野が広がる・価値観が変わる

英語が話せるようになると、色々な国の人々と交流することが出来ます。そうすると、外国の文化慣習が日本とまるで違うことが分かっていきます。

日本の常識が外国人にとっては当たり前ではなかったり、反対に外国人にとって大切な考えが日本人には理解できていないことにも気づきます。

海外に住むと日本を客観的に見ることが出来るようになります。日本のことが、日本にいた時よりも深く見ることが出来るようになります。

価値観や物の見方が180度変わってしまうという体験をすることもあるでしょう。

価値観や物の見方がどのように変わるのか、いくつか例を挙げてみましょう。

集団より個を尊重する欧米

例えば、外国の多くは個を尊重し、個が集団の犠牲になることは好まれません。

反対に日本は特に個より集団を優先する傾向があります。だから場の空気を読むことがとても大事だったりします。空気を読めない人はかなり非難されます。

そして、人に合わせたり、人目を気にしたり、人と比較することを無意識にもしくは意識して日常的に行なっているようです。

それは日本の良い所ではあります。そのような日本人の気質があるからこそ、これだけの経済大国になったのでしょう。

欧米は「みんな違って当たり前」

しかし、良い面だけではないと思います。他人を意識し、他人に気を使い、同じような価値基準の中ではみ出さないように空気さえ読む。そんな狭い世界だけ見ていると、窮屈に感じることもあるでしょう。

「そんなに言うほど大変ではない。」と思う人もいるでしょう。でも本当にそうでしょうか。

日本は経済大国にも関わらず幸福度が世界で53位ととても低い根本的な原因は、日本の常識や価値基準にとらわれて、他人と比較するからではないでしょうか。

英語を話せるようになって外国人と交流すると、自分が狭い世界にいたことがわかります。そして「人は皆それぞれ違う。その違いを認める。」と考えられるようになり、人と比較して不幸になることから抜け出すことができます。人からどう思われようが、自分は幸せでいられる強い人になれるかもしれません。

これは欧米に1年以上は住まないと理解できないかもしれません。同意できない人、理解できない人は、英語を勉強して是非とも海外に住んでみてください。

日本は自殺率世界6位らしいですね。上位には旧社会主義国や貧しい国が多いので、経済大国の日本がそれだけ高い自殺率というのは、どういうことかよく考えた方がいいと思います。

多くの日本人は日本の常識や価値基準にとらわれ過ぎて、息苦しそう、いや生き苦しそうに私には見えます。

欧米の大学入学時の平均年齢は25歳

他にも、日本の常識と世界は大きく異なる点があります。例えば、欧米の多くの国では、大学入学時の平均年齢が高く、ドイツ25歳、オーストラリア26歳、アメリカ27歳、ノルウェー30歳となっています。

欧米の大学入学時の平均年齢が高い理由は、主に3つあります。

一つ目は、ギャップイヤーです。高校卒業後にすぐに大学に行くのではなく、旅をしたり、社会に出て働いたりして、いろいろな世界を見ることが重要だという考えです。そうする事で、やりたい事を見つけたり、社会がどういうものか解ってきます。そうしてから大学に行く方が、より勉学に励めるからです。

人間の身体は20歳で完成し、脳は25歳で完成するので、未熟な18歳からより、25歳以降に大学で勉強するのは理にかなっているとも言えます。

2つ目は、転職やキャリアアップのために大学に行くという考えがあるからです。生涯同じ職業にしか就かないという考えがありません。それまでの職業を辞めて、全く異なる仕事をするために、大学で勉強する人が多くいます。60歳過ぎてから医学部に入り医師になる人もいるくらいです。何歳になってもやりたいことをやるのは当然だという雰囲気が欧米にはあります。

3つ目は、産業構造の変化や失業者の増加に対応するために、政府が政策的に大学教育に職業訓練的な機能を持たせているためです。例えば過去20年でIT関連の職業が増え続けてきました。反対にいろいろな分野で失業者が増えてきました。そこに労働者の需要と供給のずれが生じていました。失業者がITのスキルを身に付けられるよう、多くの大学がIT関連の学部を設けて職業の変更をしやすくしてきました。

日本のように高校や大学卒業後にすぐに就職するという考えは欧米ではありません。日本人は受験や就活がとても大変そうです。人生がとても窮屈そうに見えます。でもそれが日本の常識です。だからこそ、欧米に住んで常識を覆される経験をしてみて欲しいものです。そうすると、あなたの人生がガラリと変わります。

英語を学ぶ利点・メリット2
脳に良い

頭が冴える・頭が良くなるというメリットがある。英語を母国語としない人が英語を話す時は、脳のいろいろな分野を使ってよく働かしている。英語を話す事が脳トレになっているとも言える。

英語を学ぶ利点・メリット3
出会いのチャンスが広がる

友達や恋人など出会いの範囲が広がるというメリットがあります。日本人だけでなく、世界中の人々があなたの友達や恋人になる可能性があるのです。

心の通うコミュニケーションをするにはそれなりの英語力が必要だと思うかもしれないが、必ずしもそういうわけではありません。多少の英語力だけでも、相手に伝えようと一所懸命になっていると、その気持ちは相手に伝わります。多少の英語力でもそうして友達が出来たり、恋人ができたりする人を私はたくさん見てきました。

英語を学ぶ利点・メリット4
他人からの評価が高くなる

単純に能力が高い(デキる)人だと思われる。単純に素敵だと思われる。というメリットがある。それにより給与アップや出世の可能性も高くなる。

英語を学ぶ利点・メリット5
職業の選択範囲が広がる

英語力を生かした職業につけます。職場で英語をフルに生かす仕事はもちろん、時々少し英語が必要な仕事もあります。私の教え子の奥さんは1ヶ月に1回だけ職場に外国人から電話やメールがあるそうです。彼女は中級レベルの英語力だけれども、その時は何とか頑張って話し、とても頼りにされているそうです。

英語が公用語の企業

英語が公用語の企業で勤めることも選択肢に入れることが出来るでしょう。 英語が公用語の日本企業は近年増えてきました。 例えば
楽天株式会社
株式会社ファーストリテイリング
アサヒビール株式会社
シャープ株式会社
株式会社日立製作所
武田薬品工業株式会社
ソフトバンクグループ株式会社
株式会社サイバーエージェント

外資系企業

2017年現在、日本には外資系企業が3400以上あります。その中に英語力が求められる企業は多いでしょう。英語が出来れば外資系企業への就職が選択肢に入ります

海外で働く

英語力があれば海外で働くことも可能です。

英語を学ぶ利点・メリット6
ビジネスチャンス

もしあなたが起業家もしくは起業に関心があるならば、英語を話せることで、ビジネスチャンスがとても広がることが理解できるでしょう。

英語のウェブサイトを読むことが出来れば、ビジネスアイデアがもっと湧いてくるでしょう。

英語ができれば海外向けビジネスを始めることも可能です。外国人のビジネスパートナーを得ることも出来ます。 欧米ではインドやフィリピンなど能力が高く人件費の安い海外への外注が盛んに行われていますが、英語ができればあなたもそれが可能です。

英語を学ぶ利点・メリット7
海外留学・移住

海外の大学で勉強して学位を取ったり、将来的には移住することも可能になります。

ドイツやフランス、ノルウェーなどは大学の学費が無料です。しかも大学入学の平均年齢がドイツ25歳、ノルウェー30歳と、日本と比べてとても遅いので、年齢を気にせずいつでもチャンスがあります。ドイツもノルウェーも大学入学の条件として英語力を証明する必要があります。

海外で永住権を取得するには、英語力を証明する必要がある国が多いです。オーストラリアではIELTSという英語試験の結果が規定の点数以上あることを条件としています。

もしあなたがいつか、海外留学するにしても海外で働くにしても、または海外移住するにしても、まず英語を話せるようにならなければなりません。

英語さえ話せれば、可能性が大きく広がるということです。 だから、今日から英語を趣味にして勉強していくことをお勧めします。

でも、日本には間違いだらけの英語勉強法が溢れかえっているので、日本人はなかなか英語が上達しません。このホームページの他の記事も読んで正しい英語勉強法を理解して欲しいです。

サンドイッチ英会話で学習すれば、英語を楽しく確実にマスターできます。

サンドイッチ英会話は、パンに具を挟んでサンドイッチを作るように楽しく簡単に文章を作るトレーニングをします。英語を素早く組み立てることが出来るようになり、単語や熟語も自然に覚えていけます。

これであなたは一瞬で英文を組み立てて話すことが出来ます。

CDとダウンロード版があります。スマホや音楽プレーヤーに入れれば、いつでもどこでも英語の勉強ができます。独学で英語を話せるようになりたい人にとっては、最適の教材です。

効果的で、楽しくて、短時間でどこでもできます。

そのサンドイッチ英会話を利用して、楽しくそして無駄なく効率的に英語を習得できる最高のシステムがミッションイングリッシュです。これは毎日10分でクリアできるミッションがメールで届くので、必ず英語学習を継続でき、独学で確実に英語をマスターできます。

ミッションイングリッシュ
googleplus
はてなブックマーク
LINE

ニック 著者 プロフィール
■Nicholas Kemp
 ニコラス・ケンプ

 (Nick ニック)

オーストラリア出身、日本滞在歴10年。日本で長年英語教育に取り組んできた。名古屋造形芸術大学元常勤講師。多治見市陶磁器意匠研究所元講師。Reverie英会話スクールでは講師及び経営に携わり、その独特の手法はNHK全国放送や名古屋CBCテレビなどに採り上げられる。

英会話教材CD&MP3と正しい勉強法〜英語上達に金を使うバカ
Invision