スイスイ英会話上達プロジェクト コラム-英語勉強法グローバル

難しい英単語を楽に記憶できる英語勉強法

英文持ち歩き英単語記憶法

英単語暗記法

記事ステップ1 英語の記事を印刷

ネット上の記事でも英字新聞でも、コラムでも物語の一部でも何でも構いません。
気に入った英語の記事をA4サイズで2部印刷しましょう。

ステップ2 知らない英単語の意味を書く

一枚には知らない単語のすぐ上に日本語で意味を書いておきます。
もう一枚には何もせず英語の記事そのままにしておきます。

ステッ3 常に持ち歩いてたまに見る

まずは単語の意味を書いた紙を気が向いた時に目を通します。電車の中、信号待ちの間、待ち合わせの間など、ちょっとした隙間時間に一部分だけでも良いので眺めて下さい。

意味を書いた単語に目が行くので、何日かするとその単語が記憶に残っていきます。

だいたい単語を覚えてきたと思ったら次のステップです。

ステッ4 2枚持ち歩いてたまに見る

英語記事 英語だけの紙を上にして2枚をクリップやホッチキスで綴じます。

これもまた気が向いた時に目を通します。まず英語だけの記事を読んで、完全に覚えていない単語があれば下の紙で確認します。

次第に全ての単語が完全に記憶できていくでしょう。ほぼ単語を覚えたら、その記事はしまっておいて、次のステップです。

ステッ5 別の記事でステップ1から行う

別の記事を持ち歩きましょう。その記事の単語をほぼ覚えた頃に、次のステップです。

ステッ6 前回の記事を読み返す

前回の記事を読んでみましょう。忘れている単語があるはずです。

その時がとても重要!忘れるのは良い事です。何度でも忘れては覚える事が長期記憶に残すコツです。

記事を保管しておいて、思い出した頃に読んでみましょう。難しい英単語でも繰り返せばたくさん覚えられます。

■ポイント・コツ

出来るだけ声に出して読んだ方が記憶しやすいし、発音の確認にもなるし、会話で使えるようになります。

透けて下の紙に書いた意味が見えてしまわないように、厚手の紙にするか、意味を薄く書いておくかすると良いでしょう。

知らない英単語がいくつかある記事を選ぶことがポイントです。しかし、あなたにとって難しすぎる英文を選ぶと、読む気が起きずに続かないかもしれないので、始めは簡単でなおかつ関心のある分野の記事を選びましょう。

■この勉強法の効果

この勉強法は、文章と単語を関連させて覚え易くなります。また単語の「場所」によっても覚え易くなります。気軽に出来る割に記憶に残りやすい良い勉強法です。

長文読解の勉強にもなるので、TOEICや英検など英語の試験を受ける方にもオススメの方法です。

この勉強法を続けると、英字新聞をスラスラ読める人になります。

英字新聞が読めるようになる ミッションイングリッシュ
googleplus
はてなブックマーク
LINE

著者


ニック ■Nicholas William Kemp
 ニコラス・ウィリアム・ケンプ

 (Nick ニック)

オーストラリア出身、日本滞在歴10年。日本で長年英語教育に取り組んできた。名古屋造形芸術大学元常勤講師。多治見市陶磁器意匠研究所元講師。Reverie英会話スクールでは講師及び経営に携わり、その独特の手法はNHK全国放送や名古屋CBCテレビなどに採り上げられる。


masa ■Masa Matsu

英会話スクール経営
英語教材開発販売
デザイナー

英会話教材CD&MP3と正しい勉強法〜英語上達に金を使うバカ
Invision